iPhoneXのFaceID
バナー

iPhoneXのFaceID

iPhoneXはホームボタンが廃止された事でこれまで搭載されていた指紋認証機能が廃止されました。その代わりに搭載された認証システムが顔認証システムのFaceIDです。

FaceIDはディスプレイ側に付いているフロントカメラや赤外線カメラや近接センサーやドットプロジェクターなどを組み合わせたTrueDepthと呼ばれるカメラシステムで実現されています。



FaceIDは立体的に顔を記憶してユーザーの顔を判断するので写真でロックが解除されてしまう事はありません。



これまでの指紋認証機能では約5万分の1で誤認証が発生しますが、FaceIDでは誤認証が起きる可能性は約100万分の1なので認証の正確性は指紋認証機能より高いです。
見た目の変化にある程度対応していて髪型の変化や眼鏡の着用ならば問題なく認証します。ただし顔の大部分をマスクで隠している場合などは認証自体ができないので、注意が必要です。iPhoneXのFaceIDは端末を持ち上げたり、タップする事で自動的にTrueDepthが起動するので特別に操作をしなくても顔認証でロックを解除できます。


iPhoneXによって認証した顔データは端末に記憶されて、そのデータを使って認証をします。
しかし顔データが端末を離れてメーカーのサーバーに送信される事はありませんし、バックアップを取った時も顔データが送信されて端末以外の場所に保存される事もないので顔データの漏洩は心配ありません。