バナー

iPhoneXの顔認証機能はどこまで使えるか

iPhoneXが2017年11月に発売されております。
まだまだ予約をしてもすぐに購入できる状態ではありません。

キャリアによって違いますが、今すぐ予約をしても年内に購入するのは難しいという話です。端末の値段も14万円以上と今までと違って高額になっていますので、機能面などを熟慮して購入したほうがよいでしょう。

iPhoneXは、ハード面ではディスプレイが有機ELになって全面ディスプレイになり、そしてホームボタンがなくなりました。このへんは今までの中で大変特徴のある変更点だといえるでしょう。



何気にホームボタンがなくなったことに衝撃を受けた人も少なくないはずです。

では、iPhoneXの新機能として今回は顔認証機能というのがついております。

この機能がどこまで使えるかについて説明していきます。

当然のことながら、この機能を使うためには顔の登録が必要になります。


指紋認証での指紋登録と同じことになります。
これは意外にあっさりと終わります。そして、認証機能のスピードですが素早くタイミングでロック解除がされます。

従ってこの面ではとても使いやすいといえるでしょう。

そして、何よりも眼鏡の判定が入っておりません。



眼鏡をつけていてもつけていなくてもどちらでも顔認証にてロックの解除が可能になっています。


夜暗いタイミングでも大丈夫でした。

唯一、自分が使っていてダメだった場面がマスクをしていた状態でした。
このときは、iPhoneX側で顔の認証ができないようで、エラーになっておりました。



それ以外の場面では認証機能を使うことは問題なさそうです。