iPhoneXの目玉機能である顔認証機能について
バナー

iPhoneXの目玉機能である顔認証機能について

iPhoneXがついに11月に発売されました。
9月にもiPhone8で発売されておりますが、こちらの端末は今までの後継機という位置づけで特段新しい機能が盛り込まれたわけではありません。

ワイヤレス充電が最大の目玉機能ともいえました。



iPhoneXは、ハード面ではディスプレイを有機ELを採用したことで今まで以上に画面が鮮明に見えるようになっています。

これによって端末の価格もキャリアで一括購入で14万円と今までにはない金額になっています。

従って、今までのように学生が買いやすい端末ではなくなりました。

iPhone8であればキャリアでは実質無料に近い金額で買えますので、お金があまりない方にはお勧めな端末といえるでしょう。

そして、iPhoneXでの目玉機能は顔認証機能になります。
数年前にパスコードから指紋認証機能に変わりました。


指紋認証だと、パスコードと比べるとかなり便利になりましたのでかなり浸透しているといえるでしょう。



そして、今回の顔認証機能ですが、指紋認証と比べると寝ているときに勝手に操作がされない点が上げられます。

指紋認証だと、寝ているときの指を使われるとロック解除がされてしまいますが、顔認証機能だと、目があいている状態でなければロック解除がされないので、その点ではセキュリティレベルが上がったといえるでしょう。


顔認証はApple社からは100万人で1人の精度のようです。

家族などはその100万人のうち1人になる可能性がありますので注意が必要になるでしょう。